ライトノベル

『お隣さんと始める節約生活。電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか?』【感想】

更新日:

可愛いお隣さんとの甘々生活


お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (ファンタジア文庫)

 

 あらすじ

「貧乏なわけじゃないけど、もう少し遊ぶお金がほしい」

 

一人暮らしの高校生の俺・間宮哲郎は、同じく遊ぶお金が欲しい隣人の高校生・山野さんと一緒に、節約生活を始めてみた。

 

最初は自作の弁当を比べたり、巨大なパンをシェアしたり、と色々やってみたんだけど……劇的な家計の変化はない。

 

夏も迫り、冷房代などでさらに出費が膨らむかもしれない。二人で頭を悩ませていると、山野さんから画期的(?)な提案がーー

 

電気代を半分にするなら、一部屋を二人で使えば良いんだよ

 

え、確かにそうかもだけどーー山野さん、本気ですか?

 

一つ屋根の下で送る、Webで大人気のムズキュンラブコメ!

 

作品

タイトル お隣さんと始める節約生活。電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか?
発売日 2019年11月20日
出版社 KADOKAWA
レーベル ファンタジア文庫
ページ数 314あとがき2
著者 くろい
イラスト U35

 

登場人物

間宮 哲郎(まみや てつろう)

一人暮らしをする高校1年生。

隣に住む山野さんと一緒に節約生活を始める。

 

山野さん(やまのさん)

一人暮らしをする高校2年生。

間宮君のお隣さん。

間宮君と一緒に節約生活を始める。

 

筑波 恵美(つくば えみ)

みっちゃんと呼ばれ、ウザ絡みが得意なクラスメイト。

間宮君とはなにか因縁があるらしい?

 

筑波 恵子(つくば けいこ)

間宮君と山野さんの生活を優しく見守っている。

みっちゃんとは姉妹。

 

間宮 寧々(まみや ねね)

間宮君の姉で社会人の女性。

口調は厳しいが、実際には間宮君に甘いお姉さん。

 

感想

山野さんの名前はあえて書いていません。

ほとんど出てこないのと、一応これから読む人への楽しみということで。

 

始めの方の思ったことをそのあと声に出す、って言うのは苦手でしたが、後々なくなって読みやすかったかなと思いました。

 

お隣さんとの節約生活という名の半同棲生活。巻の後半になるにつれてイチャイチャが増していき、「これで付き合ってないのか」と思いながら読んでました。

 

イラストの可愛さと、カクヨムから出てきた作品ということで読みましたが、楽しむというより、ムズムズが強かった感じです。

 

お互いの思考が分かってしまう読者という立場が故の問題ですよね。

 

たまにある先輩sideがなければ、と思いましたが、それが無かったらムズムズよりも間宮に対してのイライラが募ってしまってしまったのかもと、先輩sideが必要なのだなと思いましたね。

 

何気ない日常を一緒に過ごす時間が多くなり、特に劇的なこともなく惹かれ合った2人のむず痒くもキュンキュンとするお話。

 

2人が結ばれたらおしまいかなと思ったらこれからもムズキュンが続くと思いつつです。

 

 

 

 

ちょくちょくあったラッキースケベのところの挿絵が欲しかった

 


お隣さんと始める節約生活。 電気代のために一緒の部屋で過ごしませんか? (ファンタジア文庫)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.