ライトノベル

『お隣さんな教え子と甘い〇〇』完結【感想】

更新日:

教え子との禁断の甘い生活!?

 


お隣さんな教え子と甘い○○ 電子書籍特典付き (講談社ラノベ文庫)

 

あらすじ

出世には興味なし。

仕事に求めるのは安定した給料と休暇のみーー。それが高校の調理科でパティシエの講師を務めている俺の方針だ。

 

だが、新入生として入学してきた、理事長の孫娘である四宮蒼梨花が、特別授業を求めて俺に迫ってくる。

 

仕事ぁ増えるのはごめんだと断った俺だが、なんと蒼梨花は俺の隣の部屋に引っ越してきた!

 

必要以上の仕事も無駄な努力も、俺のスタイルじゃないのに……

 

蒼梨花の熱意に負けて、俺は最終的に特別授業を引き受けることに。

だが、俺の妹弟子にして、天才だがトラブルメーカーの少女・赤崎エイプリルたちを巻き込んだ日常は波乱万丈で……!?

 

お菓子も青春も、甘くて時にはほろ苦いーー年の差師弟の学園ラブコメ!

 

作品

タイトル お隣さんな教え子と甘い〇〇
発売日 2019年6月28日
出版社 講談社
レーベル 講談社ラノベ文庫
ページ数 237あとがき1
著者 望月唯一
イラスト maruma

 

登場人物

新見 結生(にいみ ゆき

パティシエで、蒼梨花たちの学園の講師を務めている。

「仕事に求めるのは、安定した給料と休暇のみ」がモットー。

 

四宮 蒼梨花(しのみや ありか)

高校一年生。

かつて出会った結生に憧れ、特別授業を申し込んでくる。

 

赤崎 エイプリル(あかざき えいぷりる)

結生の妹弟子。

お菓子作りの腕は天才的だが、トラブルメーカーでもある。

 

感想

可愛いイラストと、社畜に疲れた人が読む!

ってどっかの宣伝にあったような、無かったような。

 

この感じのイラストがいいですね。

素っ裸よりも下着姿。さらにそれのちょい見せという自分の好みを射抜いた作品でした。

後でイラストレーター調べます。

 

仕事のリアルな部分を体験した結生が大好きなパティシエをやめて、最低限の仕事だけをやる。

 

時間通り働いて、最低限やればちゃんと給料は貰えるんだから考え方は間違ってない!

 

そんな結生の前に4年前の女の子登場で、忙しい日々に。

 

ちゃんと頑張っているからこそ昔の自分と変わっていく。そんな姿が見れました。

 

エイプリルだけが異常なのか、2人はお互いに歩みよりながら進んでいく未来が見えます。

 

多分一巻完結のこの物語。

続きが読みたい気持ちもありますが、この巻だけでも人の葛藤から成長が楽しめました。

 


お隣さんな教え子と甘い○○ 電子書籍特典付き (講談社ラノベ文庫)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.