ライトノベル

『かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き』【感想】

更新日:

第15回新人賞受賞作。

嘘つきたがり男子高校生×ヒロインの青春の行方は?

 

 


かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き (MF文庫J)

 

 

 

あらすじ

片想い中の陸上美少女・大空真森を恋人にする為、嘘つき妖精デビと契約した誠斗は「嘘をついてUP(ウソポイント)を貯めたUPを消費して願いを叶える」というUPキャンペーンに参加する。

 

だが、大空を恋人にするのに必要なUPはなんと100万!

 

大量のUPが必要な誠斗が目をつけたのは隣の席の小動物系女子・春霞陽だった。

 

誠斗の嘘をなんでも信じる春霞に嘘つき続ければ大量UPゲット間違いなしだけど、どうもかの時のは誠斗を好きらしい。

 

自分の恋を成就させるために自分を好きな女子に嘘をつくって、いくらラブコメでも倫理的にどうなの!?

 

コンプラ的にも大丈夫!?

 

はたして誠斗の青春の行方は?

 

作品

タイトル かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き
発売日 2019年11月25日
出版社 KADOKAWA
レーベル MF文庫J
ページ数 293あとがき2
著者 鶏卵うどん
イラスト 八尋ぽち

 

登場人物

卯曽月 誠斗(うそづき まこと)

嘘つきたがりの男子高校生。

 

デビ

嘘斡旋したがりな妖精

 

春霞 陽(はるがすみ はる)

かまわれたがりな隣の席のクラスメイト。

 

大空 真森(おおぞら まもり)

陸上したがりの誠斗の想い人。

 

卯曽月 愛(うそづき あい)

兄に絡みたがりな妹。

 

感想

表紙の子を結構探した。

ってくらい挿絵に表紙の子に名前がついてなくて4分の1くらい読んで「この子かよ!」

ってなりました。

 

嘘つきな男子高校生となんでも信じる女子高生。

展開的には予想通りだったけど、ラストは予想を裏切られました

 

急に異世界に行ったり、空から神様が落ちてきたりと、そういった作品が多いてすがこちらもそんな感じでした。

 

まぁそんなところに長々と説明をしてたら時間の無駄ですよね。こういうのは唐突がいいんですよ!

 

主人公がダークサイドに落ちてハーレムエンドを少し期待してました。

理由は挿絵の八尋ぽち先生!

 

この先生の同人誌から成人向けまでいくつか読んだことがあるので、そっちに引きづられました。

本当に鶏卵うどん先生には申し訳ない。

 

親友だからこそ相手にって思うところは分かりますが、そういや片っぽうはどうして好きになったんだっけ

ラストのインパクトが強すぎて忘れてしまった。

 

ちょっと読み直してきますので、皆さんも良かったら、嘘まみれのこの作品をぜひ読んでみて下さい。褒めてます!

 

 

 

 


かまわれたがりの春霞さん 隣の席のあの子は俺の嘘が好き (MF文庫J)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.