ライトノベル

『ライアー・ライアー3嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。』【感想】

更新日:

二巻の感想→『ライアー・ライアー2‐嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。‐

あらすじ

リアル世代最注目!絶対に負けられない学園頭脳ゲーム&ラブコメ第3弾!

区内選抜戦が終了した矢先にもたらされた”3人目の彩園寺更紗”出現の驚報。学園島最強(偽)である俺と彩園寺を狙う通称“影武者(ドッペルゲンガー)”が持ちかけてきた勝負の場は、各学校で選抜した5人チームが覇を競う大規模決闘(ゲーム)・五月期交流戦だった。他校には一撃で相手を倒す”鬼神の巫女”だとか”絶対君主”なんて危険な異名を持つ強敵がゴロゴロ。もちろん正体不明の“影武者”はさらにヤバい事態を狙ってきやがる。けれど俺たち英明学園のメンバーは個性派揃い過ぎてチームワークは最悪……ってマジかよ。なら仕方ない、この最悪の状況を利用してウソとイカサマまみれの俺の“真の実力”を見せつけてやろう。

Amazonから引用

 

作品

タイトル ライアー・ライアー3嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。
発売日 2020年2月25日
おすすめ度 ★★★★★
レーベル MF文庫J
ページ数 293

 

感想

チーム戦で味方も騙すとは新しい。

白雪以外皆んな6ツ星だから楽とは言えないけど楽?出来そうかと思ったそうでもなかったです。

 

そもそもチームメイト同士で喧嘩。いや、これはあえてイチャイチャしやがってと言いましょう。

 

そんなチーム戦では裏で糸を引いている人がいそうで、その引かれている人は一体誰なんだー(棒)

 

十中八九あの子だよな。

いや、読んだのが遅かったからネタバレっぽい絵も見てしまったというのがありますが、現状で出てきているメンバーで考えれば絞られてくるのですよ!

 

絶望的な終わり方をしたけど、その後に明らかに希望の描写があり、篠原自体ここから逆転と言っているからワクワクですよ。

 

本当にこの巻を次の巻が発売する直前に読んで良かった。楽しみが近いのと、こんな面白い展開を発売日に読んでたらワクワクで待ち遠しいすぎましたし。

 

チーム戦なのに敵も味方も騙さないといけない状態。チームワークも悪く絶望的な状態から起死回生と思いきやまさかの展開でした。この状態から果たして勝利できるか?というかこの状態まで計算通りとか篠原ヤベーだろ。

この話を発売日に読まなくて良かった。次が楽しみすぎて他のことが手につかなくなるところだった。

 

 


ライアー・ライアー3 嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。【電子特典付き】 (MF文庫J)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.