ライトノベル

『ライアー・ライアー4嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。』【感想】

更新日:

三巻の感想→『ライアー・ライアー3嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。

あらすじ

リアル世代最注目の絶対に負けられない学園頭脳ゲーム&ラブコメ第4弾!

チートまみれの百面相(カメレオン)の策略で大混乱に陥った五月期交流戦≪アストラル≫。
俺、篠原緋呂斗率いる英明学園はこの状況を利用する敵チームの強襲にも対処し、空中分解寸前でなんとか踏みとどまった。
だけど、百面相は他校チームを傘下に加えて凶悪な連合軍を結成するなどやりたい放題は変わらない。
一方の俺たち英明学園は生存チームの中で最下位と厳しい状況のままだ。

だけど、ここから先は――逆転の時間だ。

盤外戦術もなんでもアリの百面相を倒せるのは俺たちしかいない。
それじゃあ、みんなお待ちかねの徹底的な逆襲劇の始まりだ。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル ライアー・ライアー4嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。
著者 久追遥希
イラスト konomi(きのこのみ)
発売日 2020年3月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 293
おすすめ度 ★★★★★

MF文庫J特設サイト『ライアー・ライアー

 

感想

無垢な少女を誑かした罪。償ってえ?もういない?

 

連合軍対同盟軍。総力戦の3日目でした。

篠原の復帰にそんなに時間をかけず、早々に百面相戦。といってもここではラウンド2って感じでした。

 

復帰の時のゲームでもイカサマ対イカサマ。どちからがあいての上をいくかという戦いでした。

 

結局普通にやっても勝てない戦いだからこそ、偽りの7ツ星の力が必要。その力があったからこその勝利でした。

 

考えていた作戦が一つ一つ潰されていっても、次に次にと考えて思考を止めることなく勝利に向かっている篠原はイケメンでした。

 

 

 

 

チートまみれの百面相、なんでもありの敵に対して反撃の時。周りを頼って、頭を使って最悪の状況からの逆転劇。最下位からということすら武器にしてお得意のイカサマも駆使しての姿にずっとゾクゾクしました。まさかのヒロインの水着もみれて大満足でした。

 

 

 


ライアー・ライアー4 嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。【電子特典付き】 (MF文庫J)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.