ライトノベル

『ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?』【感想】

投稿日:

この神様、とにかく一途でとにかくカワイイ!

FODプレミアム

 

あらすじ

ちょっぴりウザい? だけどカワイイ! 神様との100%学園ラブコメ!

「優吾(ゆうご)よ、そんなに天真陽毬(てんしんひまり)が好きなのか?」
「あぁ。俺は天真が好きだ」
「ど、どうして我(われ)のことをす、好きになってくれないのだ。我はこんなにも美しくて胸も大きいというのに。我は優吾のことが好きだ! だからわ、我と付き合ってください!」
「すまん月宮。俺はお前とは付き合えない」
「そんな!? 我じゃダメなのか? お前の想いは絶対に天真には届かないぞ。何故なら、我がラブコメの神様でこの力で優吾の告白を邪魔し続けるからだ!」
「お前はそんなに俺の恋を邪魔したいのか?」
「うん」
「即答!?」
「だ、だって……わ、我は、優吾のことが好きなんだもん! だ、だから、優吾は早くあの女を諦めて、わ、わわ、我を好きになってください!」

Amazonから引用

作品

タイトル ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?
発売日 2018年12月25日
おすすめ度 ★★★★★
レーベル MF文庫J
ページ数 262

今治タオル

 

登場人物

月宮 アテナ(つきみや あてな)

ラブコメの神様。

 

桐島 優吾(きりしま ゆうご)

主人公。

 

天真 陽鞠(てんしん ひまり)

優吾をからかうのが好き。

 

月宮 ユノ(つきみや ゆの)

アテナの妹。

 

感想

ファンタジー要素を取り入れたラブコメ。

好きな人に告白をしようとすると不思議な現象で、告白が失敗する。これは心が折られますね。

 

そんな邪魔をする人物は優吾を好きになってしまったラブコメの神様。

好きな人のためにと後押しをしていたのに、いざ告白されるとなると邪魔をしてしまう。気持ちは分からんではないがなぜ手助けをしたんだー?と思ったけど、好きな人の幸せを願うよりもそれを見て傷つくのがいやだって気持ちが優ったんだなぁ。

 

そんなラブコメの神様アテナの妹ユノは姉にゾッコン!ラブですよラブ

 

勘違いで終わったのか分からないけど、本人が良ければそれでよし!アテナの胸を揉みしだくシーンを見てみたかった気持ちがなくは無いよ。

 

ラストに変態要素を持ってきたのはハツコイの相手の陽鞠。優吾のためにと頑張ってイメチェンしたのに逆に優吾との時間が減ってしまった反動か、はたまた付き合いが少なく、初めてできた好きな人への過剰な思いが度を超えてしまったのか、そのどちらでも変態要素嫌いじゃあない

 

これからも邪魔をされ続けるであろう告白が成功するのが先か、アテナが優吾を落とすのが先かが楽しみです。

 


ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? だって好きなんだもん【電子特典付き】 (MF文庫J)

T-MAGAZINE

 

-ライトノベル
-, , ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.