ライトノベル

『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い』【感想】

投稿日:

俺の初恋の人は、塩対応に見えて隙だらけなんです。

 

 

 

あらすじ

胸焼け必至!両片想い男女の甘々ラブコメ!

「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」

「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」

――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。

初々しくて、もどかしい二人の初恋の物語。
尊さ&糖度120%! 両片思いな甘々青春ラブコメ!

 

作品

タイトル 塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い
発売日 2019年12月23日
出版社 小学館
レーベル ガガガ文庫
ページ数 307
著者 猿渡かざみ
イラスト Aちき

 

登場人物

押尾 颯太(おしお そうた)

ナイーブな男子高校生。

隠れ家的ガーデンカフェのアルバイト。

 

佐藤 こはる(さとう こはる)

ふわりと内に巻かれたボブカットの黒髪。

可愛いと美人のちょうど中間。

 

感想

塩対応の理由が早い!でしたね。

タイトルにしているくらいなのでいっぱいいっぱい引っ張るのかと思ってましたが、序盤も序盤でしたか。

 

 

お互い好き同士。同じタイミングくらいで好きになって、それを言えずに関係もあまりなくて大学生に絡まれているところを助けたことをきっかけに近く。

 

塩対応は親しくない人に対してで、颯太や親い間柄にはそうでもなくってで。

 

 

塩対応の時の佐藤さんの顔、いいですね。

あんな表情で言われたら1人くらいは変な方向に目覚めないかが心配ですよ!

 

颯太と一緒にいる時は終始表情がコロコロ変わって可愛いかったです。

 

ラストはどんな展開かと思いましたが、予想を斜め上を行きました。

まさかそんな理由で佐藤さんの父親が想像通りだったとは。

 

2人のぎこちない初恋という恋愛。今後も見れていけたらです。

 

が!

 

 

自分は凛香ちゃん推しです!

同級生や高校生でも子供と見ていながら、カッコよく助けられただけでコロッと落ちたあの感じ。血縁ですね。

 

それでいて空気は読めるけど、振られたと分かった瞬間に行動に移すあの行動力。可愛いかったです。

 

 

猿渡をさるわたりと読んであとがきでさわたりと気づかされた

日本語?って難しい。

 


塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い (ガガガ文庫)

 

スルスル茶

 

-ライトノベル
-, , ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.