ライトノベル

『結婚が前提のラブコメ』【感想】

更新日:

水無月結衣(26♀)婚活中

 

あらすじ

“結婚できない人を結婚させる仲人”、白城縁太郎は今日も婚活女子のサポートに奔走している。

言動がアレなエロ漫画家、牡丹。(26♀)
ひたすら玉の輿を狙う元令嬢、カレン。(年齢非公表♀)
究極のダメンズほいほい保育士、まひる。(30♀)

そして、なにやらワケありなリケジョ……結衣。(26♀)

結婚するには難アリな彼女たちと過ごす、第二の青春。

ぜったい結婚したい系婚活ラブコメ、ここに開宴!

結婚が前提のラブコメ (ガガガ文庫)Amazonから引用

作品

タイトル 結婚が前提のラブコメ
発売日 2020年1月22日
おすすめ度 ★★★★☆
レーベル ガガガ文庫
ページ数 223

 

感想

1話 白城結婚相談所

タイトル通りの作品。婚活会場から始まりそこで婚活に悩む別の所の会員さんを勧誘。それが表紙の水無月結衣

 

女子高生を犬や猫のように可愛がる。のかと思うけどそうみたいで帰国子女だから制服に思い入れがあるのやら。

 

そんななかえっちな漫画を描くと言われている葉桜牡丹。なんか色々と問題ありそうな人ですな。

 

第2話 エロス&マリッジ

牡丹のお見合い。やっぱりえっちな漫画を描いている人には偏見があります。仕方がない。でもえっちな漫画を描いている人は絵が上手いんですよね。

 

そんなんで失敗に終わったお見合い。相手の表情を見逃さなかったからこその分析。縁太郎は仲人としてちゃんと人をみてますな

 

第3話 婚活シンデレラ

玉の輿を狙う元令嬢早乙女カレン。幼い頃にお嬢様だったからもう一度成り上がろうと婚活。今現在はボロアパートで貧乏生活。

 

悪女というわけではないけど成り上がりは諦めない。確かに茨の道だ。相手を完全に騙せるくらいでないと現実の成り上がりの成功は難しいもんだ。

 

第4話 まひるママ

ダメンズほいほいまひるさん。この相談所の最古参。最初のあれは伏線だったのか、と思うくらいにダメダメと分かっている男の元向かう。

 

いいですね。まひるさんに甘え尽くしたい。リバウンドは他の人に任せて自分はずっと甘えてたいと思える人でした。

 

そんなまひるさん抜きで気分転換?に合コン。合コンといってもみんな結婚相手をちゃんと探す合コンです。

 

第5話 合コン

お坊さんが婚活、そういう時代か。そんなお坊さんと結衣との会話も見てみたいと思いましたが今回は不参加。

 

ボロを出しそうになるカレンに本業全開の牡丹。のってきてからの王様ゲームでなんで結婚したいかという問いに。

 

皆んな簡単ではあったけどそれぞれちゃんとした理由があって、でも結衣の気持ちは違うところにあったっぽくて。

 

そんな結衣は酔い潰れた感じで縁太郎を家に招く。親に言われてやっているからこそ結婚にちゃんと向き合えていないっぽくて、でもそれが逆にちゃんとした理由になって。

 

興味があればすれば良いではないんだろうけど、向き合えるだけの気持ちがあるな大丈夫なんでしょう。

 

そしてコスプレという名の制服撮影会。

縁太郎もノリを合わせて撮影して、朝には2人で同じベットで

 

えっ、何も無かったの?なんて言わせねーよ!って言いたくなりますぞ。

 

第6話 お花見

な、なんだってー。結衣が財閥の一人娘だったなんてー。(棒)

 

そんなこんなで探偵を雇われてそれらしい証拠をでっち上げて結衣は縁太郎たちを助けるために黒峰の相談所に戻ります。

 

気持ちが固まったタイミングでこれとは、やってくれます。

 

第7話 縁太郎、仲人として

少しの時間しか一緒にいなかったのに結衣のことをあんなに思うのは、彼女の幸せになりたい理由を聞いたからか、ただの善意なのか。

 

そんな結衣のことにかまけて会員たちからクレームをもらいある場所で気持ちを再確認。

 

一歩間違えれば潰れるようなでかい敵にどう立ち向かうのか。

 

最終話 本当のきもち

普通にカッコよく邪魔しちゃいましたね。

結婚相談所ってどこも探偵さん雇ってるんだ。おちおち私生活もゆっくりできねーな。

 

そんな玉砕覚悟の縁太郎に策があるかと思ったけどなかった。そんな縁太郎を見て結衣はあることを思いつく。

 

まさかあれが伏線になるのか。

 

エピローグ 結衣の決断

誰も結婚できてねー!結衣を無事取り戻りました。っていうか処女証明ってどうやるんだ?

 

対等に接してくれる皆んなとこれから素敵な出会いが有りますように、でした。

 

自分の中のなんとなくの気持ちが結衣の気持ち。いつか本気で向き合える人に巡り会う時まで続いてくれると嬉しい作品です

 

まと

結婚が前提という新しい展開。出会って付き合って恋人になってという恋愛と違うのは恋人の部分が結婚になることかな。

 

人との巡り合わせなんて一期一会で、全ての人と出会えることなんて出来なくて、それでも出会った人に運命を感じていくものです。

 

普通のラノベなどの初めからいるヒロインや主人公が恋をしていくのではなく、ヒロインに最愛の相手を見つけるという新しいお話

 

それぞれの結婚願望があって、それぞれがその願いを叶えに進んでる。真面目で真っ直ぐな作品でした。

 

今読んでいるときには2巻は決定しているみたいなので、続きが楽しみです。

 

ガガガ文庫おすすめ作品

千歳くんはラムネ瓶のなか

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い

 

 


結婚が前提のラブコメ (ガガガ文庫)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.