ライトノベル

『14歳とイラストレーター4』【感想】

更新日:

三巻の感想→『14歳とイラストレーター3

あらすじ

売れっ子ラノベイラストレーターの日常劇、早くも第4弾登場!

「……イラストレーターって、みんなラノベが好きなんですか?」
悠斗が姉の京橋彩華と競っていた頃――。小倉まりぃの新作のイラストレーターとして、ネットで人気の絵師《白砂》が抜擢される。祝福する仲間たちに、「べつに商業が初めてってわけじゃないし? ふつーでしょ」と余裕を見せていた彼女だったが、何度もボツにされて困惑する。コミケで悠斗を訊ねてきたものの……。一方、つい口を滑らせてしまったナスは、それをキッカケに悠斗へ心の内を語りはじめ。乃ノ香は学校で男子から「作業配信に映っていた」と告げられ、悠斗との関係がついに――!?希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常の第4弾!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 14歳とイラストレーター4
発売日 2017年11月25日
おすすめ度 ★★★★★
レーベル MF文庫J
ページ数 264

 

感想

新キャラ白砂ちゃん。

ラノベのイラストの仕事で相手がマリィとは災難でした

 

やっぱりなんですけど、原作者のオッケーが出ないとキャラデザは通らないんですよね。

なのにつまんないだけしか言ってもらえないとかハードル高すぎでした。

 

そんな白砂ちゃんも小説を理解してキャラを書き上げました。自分にはわかりませんが、あるんでしょうねそういうのが。

 

ユウトはやらかしてましたね。ナスさんとのことと冬コミでのことと。

 

ナスさん自体も好意はあれど好きまではいっていない、ストーカーホイホイと呼ばれていても恋愛には疎くてユウトを思う気持ちがどうなのかが分からないって感じでした。

 

それでも気持ちがはっきりした時は答えて欲しいとユウトに。やはり本命はナスさんなのか

 

冬コミではユウトの同人誌が早い段階で完売。暗黙の了解で早い段階だとあまり良く無いみたいです。お昼は過ぎないとだったかな。大手の話だと思いますけど。

 

彩華とのプレゼン対決の時に見出した?自分の力が、想像以上に読者に響いていたみたいです。ファンが増えて良かったです。

 

白砂ちゃんという新しいヒロインも登場して、ヒロインレースも楽しくなり、ナスさんの思いも少し変化があった今巻。次回はマリィとお泊まりかな

 

新キャラ白砂ちゃん。ラノベの仕事が始めてなのに相手がマリィで大苦戦でした。仕事を取るか友人を取るかの2択で彼女の選択したものは。ナスさんとユウトの関係も少し変化がありました。

 


14歳とイラストレーター 4【電子特典付き】 (MF文庫J)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.