ライトノベル

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2【読了】

更新日:

一巻の感想→『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

 

あらすじ

もどかしく、焦れったい。
でも着実に、一歩一歩。

自堕落な一人暮らしの周と、“天使様”とあだ名される学校一の美少女・真昼。関わりのなかった二人だが、ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするようになっていった。
年越しを一緒に過ごし、初詣に赴き、バレンタインの煩わしさを受け流していく日々。不器用ながらも温かい周の態度、周の両親や友人との関わりのなかで、冷え切っていた真昼の心は少しずつ溶かされつつあった……。
「小説家になろう」で絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第2弾。

Amazonから引用

 

 

作品

タイトル お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2
著者 佐伯さん 
イラスト はねこと
発売日 2020年4月14日
レーベル GA文庫
ページ数 280

 

感想

年越しに初詣、バレンタインからホワイトデーとイベント盛り沢山。2人の関係に変化を感じつつ、周の自己評価の低さからそこまで進展してないのか?と思っていたけど、樹や千歳の反応から本人達以外から見たらやはりなんで付き合っていないんだ!でした。真昼が天使な理由。あの日雨の中1人でいた理由が分かって、真昼が壊れてしまわないようにと行動した周。これで2人の距離が縮まってきましたね。イラストが変わっても真昼の可愛いさは健在でした。

 

 

イラストレーター交代になりましたが、すぐに違和感はなくなりました。距離感が近い周の母や千歳に戸惑う真昼の姿。周だけに見せるいつもの姿からあの日見せた弱さまで、真昼の表情を網羅していました。2人の関係に大きな変化があったこの先からクラス替えには予想通りの展開を楽しみにしていたい。

 

 


お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2 (GA文庫)

 

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.