ライトノベル

きのうの春で、君を待つ【読了】

更新日:

 

あらすじ

幼馴染だった二人、すれ違う時間と感情。

17歳の春休み。
東京での暮らしに嫌気が差した船見カナエは、かつて住んでいた離島・袖島に家出する。そこで幼馴染である保科あかりと2年ぶりの再会を果たした。

その日の夕方、カナエは不可思議な現象に巻き込まれる。
午後6時を告げるチャイム『グリーンスリーブス』が島内に鳴り渡るなか、突然、カナエの意識は4日後に飛んだ。混乱の最中、カナエは憧れの存在だったあかりの兄、保科彰人が亡くなったことを知らされる。
空白の4日間に何が起きたのか。困惑するカナエを導いたのは、あかりだった。

「カナエくんはこれから1日ずつ時間を遡って、空白の4日間を埋めていくの。この現象を『ロールバック』って呼んでる」
「……あかりはどうしてそれを知っているんだ」
「全部、過去のカナエくんが教えてくれたからだよ」

『ロールバック』の仕組みを理解したカナエは、それを利用して彰人を救おうと考える。
遡る日々のなかで、カナエはあかりとの距離を縮めていくのだが……。

甘くて苦い、ふたりの春が始まる。

Amazonから引用

 

作品

タイトル きのうの春で、君を待つ
著者 八目迷
イラスト くっか
発売日 2020年4月17日
レーベル ガガガ文庫
ページ数 342

 

感想

家出し故郷に帰ったカナエがあかりの兄を救うため時間を遡行する。祠のご神体に触れた時に未来へ行き、空白の時間を埋めながら過去に遡る。中盤から後半にかけて読む手が止まりませんでした。過去に戻るに連れてあかりの秘密へと辿り着いた時のカナエ。辿り着いた時にぎこちなく拙くても相手への言葉を選んでいたカナエの答えにあかりがどうするかドキドキで、帯の通りもう一度読み返したくなる作品でした。

 

 

未来から空白の時間へと遡り、ヒロインの兄を救う物語。時間を遡るに連れてヒロインと兄の関係を知り、兄の昔しか知らなかった主人公が昔の姿をヒロインに伝えたからこそ最後の答えになったかなと。未来を知って過去をやり直す作品はよく見ますが、肝心な部分が空白で未来から過去に1日ずつ遡る作品は新しかったです。

 

 


きのうの春で、君を待つ (ガガガ文庫)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.