ライトノベル

ようこそ最強のはたらかない魔王軍へ!~闇堕ちさせた姫騎士に魔王軍が掌握されました~ 【読了】

更新日:

 

あらすじ

闇堕ちから始まる魔王軍改革コメディー開幕!

ぐーたら魔王・アーヴィンとカリスマ姫騎士・シーナ。『まぜるな危険』なふたりの出会いが、堕落した魔王軍を(良くも悪くも)変えていく――!? これは、はたらかない魔王軍が最強になるまでの物語……のはず。

Amazonから引用

 

作品

タイトル ようこそ最強のはたらかない魔王軍へ!~闇堕ちさせた姫騎士に魔王軍が掌握されました~
著者 永松洸志
イラスト 手島nari
発売日 2020年4月17日
レーベル ファンタジア文庫
ページ数 324

 

感想

先代と違う魔王軍にしようと思ったら堕落しきってて、姫騎士・シーナを闇落ちさせたら掌握された?くっころなんてお約束展開ではなく別の理由で闇落ちしたシーナが魔王が引きこもっていた間に堕落していた魔王軍を改革してました。最低限働けばあとは遊んでいるような最高の場所がとられぼっちになった魔王があれこれ考えプライドを取り戻すためにと奮闘するも良好な結果は出ず。そんな中での誤解から生まれた戦争は、魔王という存在(力)をちゃんと周りに知らしめてました。

 

くっころ展開などなかった…。そこが面白いに変わったくらいであとは淡々と読めました。一緒に刊行された他の金賞作品と比べると自分の好みもありますが、ちょっと見劣りしてました。

 

 

 


ようこそ最強のはたらかない魔王軍へ! ~闇堕ちさせた姫騎士に魔王軍が掌握されました~ (富士見ファンタジア文庫)

 

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.