ライトノベル

クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です2【読了】

更新日:

一巻の感想→『クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です

 

あらすじ

先輩、私の「彼氏」になってくれませんか? カレカノ青春ラブコメ第2弾!

選択ボッチの誠司とクラス一のハイスペック美少女琴音は、皆に隠れた恋人同士。付き合い出してから初めてのGWは琴音にモデルの仕事が入ってしまい、文芸部の後輩・姫島かぐやと一緒にカフェのバイトをすることに。人懐こくてラノベ好きのかぐやは、バイトにテスト勉強にと一気に距離を縮めてくる。
ある時かぐやが友達に「彼氏がいる」と嘘を吐いていることを知り、さらに「先輩に彼氏になってもらいたいんです」とお願いされてしまい……。一方琴音は「そういう優しいところが誇らしいんだよ」と甘やかしてきて――。
付き合ってるからこそ、離れている距離がもどかしい。
カレカノ青春ラブコメ第2弾!

Amazonから引用

作品

タイトル クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です2
著者 七星蛍
イラスト 万冬しま
発売日 2020年6月1日
レーベル 角川スニーカー文庫
ページ数 292
WEB小説 クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です

 

感想

姫宮かぐや回!本質へ迫っていました。篠宮と一緒にいる時以外のかぐやがどうやって過ごしているのか。篠宮みたいに孤独に耐えれるわけではなく、自分を取り繕って生きていた理性的で優しい女の子。生き方の処世術で形作ったかぐやが唯一好きなことが言える場所だったからこそ篠宮との時間が楽しそうで、だからこそこの回でかぐやの本質と向き合うために助言した人と、篠宮ならではの解決策でした。

 

 

かぐや回でした。篠宮以外と一緒にいるかぐやの過ごし方。孤独に弱い人間が生きる為に必死で頭を使っていました。似たものかもだからこそ同じ道へと進まないように、助言をした人物がいてくれたからこそ手を差し伸べられたのかと思いつつ、それがなければどういった結果になっていたかとも想像しました。

 

 

 


クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です2 (角川スニーカー文庫)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.