ライトノベル

城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!【読了】

更新日:

 

あらすじ

「僕の将来のクラン・メンバー、家族になってくれないだろうか」?

モンスターが跋扈する遺跡・古城を攻略し、所有する集団――
クランの設立を夢見る少年・レオン。
彼はある日、ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと出会う。

「家族って、こ、公私ともに」?
「いや、僕のクランはハーレムにしたいし」
「アンタわりかし最低ね!」

そんなノリで組みはじめた二人はしかし、
大型古城を支配する竜人姉妹や、有名クランを率いる獣人王と出会い戦っていく中で、
彼らだけの城、彼らだけの最高のクラン(家族)を創り上げていく――!

二人の絆でどんな強敵も討ち倒せ!
攻城戦から始める剣と魔法の英雄譚!!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!
著者 阿樹翔
イラスト 八葉
発売日 2020年1月11日
レーベル GA文庫
ページ数 320

 

感想

古城を攻略し、クランの設立を夢見るレオン。ノーコン魔道士リシアと出会って他の種族と関係が広がっていってました。人間よりも鬼人や竜人、獣人などがいてそれぞれが特徴が出ていました。同じことを繰り返していたせいと自分の自己評価が低いせいで、実力が未知数だったレオンが攻城戦で真価を発揮していました。攻防戦が始まる前のやり取りが一番良かったです。ハーレムを自称するレオンとお互い遠慮がないリシアの関係が見ていて楽しく、チョロインのオリヴィアが可愛い過ぎました。

 

ゴーレムと戦ってる内に強くなっていた?ってイメージでした。

何かあるレオンがリシアとの出会いをきっかけに繋がりが広がっていました。

攻城戦で人に自分の戦闘を見てもらうことで欠点を指摘してもらい、攻防戦では未知数の真価を見せていました。

ハーレムが出来上がるまで楽しみです。

 

 

 


城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない! (GA文庫)

 

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.