ライトノベル

夢見る男子は現実主義者【読了】【読了】

更新日:

 

あらすじ

“両片思い”って、もどかしい。

同じクラスの美少女・夏川愛華に恋い焦がれる佐城渉は、彼女との両想いを夢見て、めげずにアプローチを続けていた。
しかし、ある日突然、夢は醒める。

「あんな高嶺の花と俺じゃ釣り合わなくね……?」

現実を見て適切な距離を取ろうとする渉の反応に、愛華は呆然。

「もしかして、私、嫌われたの……?」

勘違いの末、焦り慌てる彼女からは無自覚な好意が見え隠れ!?
両片思いのすれ違いに悶絶必至の青春ラブコメ、開幕!

Amazonから引用

作品

タイトル 夢見る男子は現実主義者
著者 おけまる
イラスト さばみぞれ
発売日 2020年6月1日
レーベル HJ文庫
ページ数 312
WEB小説 夢見る男子は現実主義者

 

感想

好きだとグイグイ行っていた主人公がある日恋に燃え尽きた。その日から態度が一変して嫌っていたはずのヒロインの態度も変わっていく。新しかったです。ラノベならではの振られても何度もいくというのがなくなり、自分の立場を弁えて達観していた主人公。ヒロインと関わる時間が減っていくことで他の女の子達との繋がりが増えていって自分の世界が広がりつつ、ヒロインの嫉妬心を煽っていました。ここまでデレを見せれないツンツンヒロインと主人公の関係、最後まで読んだら2巻購入は不可避でした。

 

 

 

長年の恋もある日突然覚めてしまう。ヒロインと自分の立場を理解して一歩引いた主人公が達観していました。自分のことを理解したからこそ見える景色がある。そんなリアルなラノベでした。ヒロインはツンデレなのかが見どころでした。

 

 


夢見る男子は現実主義者 1 (HJ文庫)

 

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.