ライトノベル

『ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4~好きの対義語は大好き~』【感想】

更新日:

三巻の感想→『ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?3

 

あらすじ

男子高校生・桃田はちょっぴり年上の彼女の恋人・織原さんと真剣交際中!

「桃田君、喜んでくれるかな…?」  

 

2人を結んだ「あの」制服姿で赤面必至のドキドキお家デート⁉︎  

人生初の彼氏で話題がつきない織原さん。アラサー女子のお泊まり会 ではオトナな恋バナが止まらない♪

 

さらに初めてのカラオケ、初めての夏祭り、初めての浴衣姿

「…お願い。私の浴衣を、脱がして」

「俺、本当はずっとこんな風に織原さんに触れてみたかったんです」

桃田の若い欲望、遂に爆発⁉︎2人の夏はますます熱くなっていく‼︎  

 

可愛すぎる27歳との物語が大きく動く、純愛甘々ラブコメ第4弾‼︎    

作品

タイトル ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4~好きの対義語は大好き~
発売日 2019年8月9日
ページ数 256

 

感想

序盤から織原さんが桃田に女子高生姿のサプライズ?

雪ちゃんに借りっぱなしだった制服。返そうとクリーニングに出

そうと思った織原さんは、それならもう一回だけ、と制服を着て

桃田を家に呼ぶことに。

だが、思い通りにには行かずある人物が出てきてややこしいくなる。

 

女子会を始めます。

織原さん宅にて織原さん、雪ちゃん、妃さんで女子会(女子 (笑

))を開催。

いい感じにお酒が入ったいい歳した3人の話題は恋愛について、 か

らの浮気の定義まで深く、深く話が入っていきます。そして姉 、妃

さんの織原宅に来た意外な理由が明らかに!

 

初めては彼女の姉と

桃田は15歳であるが、彼女である織原さんの姉の妃さんには嘘を

ついて25歳と偽っている。

そんな妃さんを街で偶然見つけた桃田。妃さんはデートの予定で、

偶然会った桃田にデートの相談を。その内容が15歳の桃田に過激す

ぎる内容だった。

 

オタクはそういう生き物です

指宿咲はパパとママが仕事の日には弟の秋の面倒を見ている。たまの

日だが、いい加減しんどくなってきた。

そんな思いがあれど弟の世話をしなければならない。というわけで 、

今日は私の好きなところに行く。  

それを理由に弟にガチャガチャをせびられゲームセンターへ。その 一

角の音ゲーには浦野がいて…。

 

いつものように指宿と浦野は言い合いをして指宿に言い負かされる 浦

野。だが今日は秋も一緒だ。その秋が持っていたガチャの景品が 浦野

の目に入ったとき、オタクが顔を出す。

 

母性というもの自然と身につくものではない

織原さんには母性がない。その事実を姉と雪ちゃんに告げられ驚愕す

る織原さん。むしろ桃田に母性、いや父性(検索でるんかい)がある

といわれた織原さん。

 

翌日のデートで母性を見せようと空回りする織原さん。(見てて面白か

った)

最後の膝枕ではあれとあれで桃田が押しつぶされそうになります。

(笑いが止まらなかった)

 

 

「いい彼氏」が良い彼氏というわけではない

夏祭りに出かけた織原さんと桃田。2人の関係がバレないようにと秘

策を考える織原さん。浴衣姿の織原さん(の挿絵に違和感を覚える自分)

。 そして祭りの途中で桃田が織原さんのあれをあれします。ヤバかった。

 

ハッピーエンドと思ったか!

エピローグでは桃田の父親が再婚をすると桃田とその姉に告げる。

その相手は…(知ってました)

 

 

色んな作品を読んでいると先の展開が分かる作品、分からない作品と

分かられてきますがこの作品は分かるというか、分かる様に書いてく

れてます。  

それはそれで先の展開を理解した上で想像でき、最後の方はニヤけな

がら読ませていただきました。  

 

この巻では桃田と織原さんとの関係が変わっていきます。

織原さんは誰に対してもいつも通りのよく言えば自然体でしたが、桃田

は織原さんのいい彼氏であろうとするあまり普通じゃなかったかもです

ね 。年下であることが理由か、初めての彼女だからかは分かりませんが

、良 くあろうして頑張っていた桃田が、織原さんのあれを見てストッパ

ーが外 れる、今まで我慢してたら仕方がないと思います。  

 

でも、そうやって我慢を全くするなとは言わないけど、そういうのに折り

合いをつけることが恋愛とその先にも大事なんだろうなと思うお話でした。

 

ラストに凄いのを持ってこられて、次巻も楽しみであります。

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.