ライトノベル

『俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件』【感想】

更新日:

健気な美少女JKがめいっぱい尽くす、放課後限定の同棲生活です。

 

 


俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件 (角川スニーカー文庫)

 

 

あらすじ

自堕落な一人暮らしを送る高校生の俺・常盤木翔和。

ある日同じ学年の癒し系美少女・若宮凛を空腹から救ったことがきっかけで、「受けた恩をお返ししたいんです!」学校でもバイト先でも、彼女がついて回るようになり!?面倒見のいい凛は、バイト漬けでピンチな勉強を根気よく教えてくれて、部屋を掃除して手料理も作ってくれて……気が付けば、放課後限定の同棲生活が始まっていた!

 

なぜ俺なんかに構うんだ?聞いても凛はこう答えるだけ。「これはただのお節介、ですよ?」

無自覚系男子に、健気美少女JKがめいっぱい尽くす!

 

WEB発甘々ラブコメ、大幅加筆により糖度UPで書籍化‼︎

  

作品

タイトル 俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件
発売日 2019年111
出版社 KADOKAWA
レーベル スニーカー文庫
ページ数 300あとがき3
著者 紫ユウ
イラスト 木なこ

 

登場人物

常盤木 翔和(ときわぎ とわ)

ひねくれた性格ゆえにクラスでは基本的にぼっち。

放課後はバイト漬けな日陰者。

 

若宮 凛(わかみや りん)

頭脳明晰で人当たりもいいカンペキ美少女。

一度決めたら曲げない性格で、翔和への恩返しにこだわる毎日。

 

加藤 健一(かとう けんいち)

イケメンでコミュ力の塊。

小学校から付き合いのある翔和を気にかけ、凛との仲を取り持とうと計画中。

 

藤 琴音(ふじ ことね)

健一の彼女。

普段はクールで近寄りがたい雰囲気だが、健一限定で甘えん坊。

 

感想

女の子か家に来て料理や洗濯をしてくれる……そんなのリアルであるか!

はい、とりあえず言いたかっただけです。

 

誰かに恩をうれば、それは必ず返ってくる、人によっては何倍もを期待したりとゲスいやつがいますよね。……自分です!

 

相手が自分と比べてどんな存在なのかを知っているからこそ、面倒ごとを避けるためにした事が彼女の何かに火をつけた。そんな物語です。

 

欲のない人が得をするのはよく聞きますね。欲にまみれた人には何も来ず、欲がない人には何かが来る……語彙力あれなんで普通に感想語りましょうか。

 

学園の女神さまという、雲よりも上の存在にちょっとしたきっかけで近づいた。そんな日から常盤木の生活は一変。

 

だいたい主人公がヒロインに積極的に行くところ、この作品はヒロインが積極的です。理由は1番最後に書いています。(この本のです)

 

皆んなが皆んな振り向いてくれるのになんでその人だけが振り向いてくれないのか、好奇心と闘争心?みたいなものが溢れてきて積極的に迫っていく。可愛い女の子だったと思います。

2人の友人もまた、2人を応援するために頑張ってくれる姿も良かったです。何故かイケメンの友人がいる、いやイケメンで心もイケメンだからこそ常盤木の内面の深層まで理解していたのかな。と思えますね。これだからイケメンは……

 

頑なで少し抜けている性格の若宮さんが一生懸命頑張って、少しずつ距離を縮めている姿。

是非ご覧になってください。

 

 

 


俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件 (角川スニーカー文庫)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.