ライトノベル

『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2』【感想】

更新日:

一巻の感想→『好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件




あらすじ

他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬は晴れて学園の美少女四天王の1人、九条桃華と恋人同士に。

 

桃華から冬馬への好感度は変わらず100とカンスト状態。

 

だが、桃華の頭上に現れた“両思いになった相手のテンション”が分かるメーターは上がったり下がったりと忙しい⁉︎

 

体育祭にハロウィン、クリスマス。いろんなイベントを一緒に過ごして桃華との距離はぐんぐん縮まっていく。

 

さらには素の自分を出しきれない雪村希の悩みや、親友との時間が減って寂しい如月結衣と話すうち、彼女達からの好感度も急上昇!

 
ヒロインに愛され度限界まで突破!ほんわか甘々ラブコメ第2弾!

 

 

作品

タイトル 好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2
発売日 2019年8月1日
ページ数 266あとがき2

 

 

感想

相変わらず可愛いイラストありがとうございます。どのヒロインも可愛いく性格も良くていい作品です。

 

主人公が相手の好感度が見えるようになってから数ヶ月が経ちましたが、このネガティブな性格は未だ健在!

 

ここを否定してしまっては作品を根本から否定してしまうかも知れないけど、ネガティブな思考が止まりません。

 

まぁこのネガティブあっての作品だと思うので、それも長々とお付き合いします。

 

この巻では特に新キャラは出ず(多分モブなら出た)何人かの人間関係が変わってきます。

1巻で付き合って終わったところで、他の作品によくあるハーレム(ハーレムなのだが)で最終的に誰か1人を選ぶのではなく、最初の段階で1人を選んでいる部分に引かれ、その先の展開が気になりこの巻を買いましたが、ゆっくりと2人のペースで歩んでいる姿には和みます。

 

好感度が見えるをフルに活用できてない部分も相まってぎこちないところもありますが長い目で見ていけます。このペースでいけば次の次の巻には…。



-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.