ライトノベル

『新米錬金術師の店舗経営02 商売をしよう』【感想】

更新日:

氷を制する者が夏場を制す!サウス・ストラグの商売合戦!

一巻の感想→『新米錬金術師の店舗経営01

 

 


新米錬金術師の店舗経営02 商売をしよう (ファンタジア文庫)

 

 

 

あらすじ

ヘル・フレイム・グリズリーの襲撃から復帰したサラサは、アイリス、ケイトを仲間に加え、お店も通常運転へ。

 

夏場に向け、村人向けの新商品・冷却帽子の開発に乗り出すのだが……

 

「この村、あんまり現金が必要ないんですよね」「私たちも、お金を使うのは雑貨屋と宿屋ぐらいだからな」「採集者以外は、物物交換みたいだものねぇ」ちょっぴりお高い!

 

でも、コストダウンのため、帽子の委託を始めたところ……大好評!

 

しかしある日、素材の【氷牙コウモリの牙】の買取を邪魔する錬金術師がサラサの前に現れて……!?

 

氷を制する者が夏場を制す!サウス・ストラグの商売合戦!

 

作品

タイトル 新米錬金術師の店舗経営02
発売日 2019年11月20日
ページ数 332あとがき2書き下ろし11

 

感想

今回は目立った戦闘はなかった。……なかった。

 

 

というのも強敵とはという意味で軽くはありました。

あとは商売合戦!

商売?錬金術師?なのかよく分からんかったな。

 

 

凄腕に育てられたからなのか、元々のポテンシャルが高いのか、新米とは言い難いサラサが商人と勝負するこの巻。

 

周りの信頼を得てるサラサと高値で買い取っていく商人との勝負は目に見えてましたね。

 

少しだけ他の新米錬金術師も話には出てきましたが、ちゃんとは出てこなかったのでそういった存在も今後でてくるのかと期待。

 

少しずつ家の家電ならぬ錬成具が増えてきて、現実のものと少し違うかなと思うものも有れば、これが現実にあれば!と思う錬成具もあり見てて想像力がかき立てられました!

 

規格外の新米錬金術師の活躍、今後も楽しみです。

 

 

 


新米錬金術師の店舗経営02 商売をしよう (ファンタジア文庫)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.