ライトノベル

『朝比奈若葉と〇〇な彼氏』【感想】

更新日:

 

 

 

 


朝比奈若葉と○○な彼氏 (MF文庫J)

 

あらすじ

ちょっと内気な女子高生・朝比奈若葉はクラスメイトの悪ノリから、ある「罰ゲーム」への参加を強要される。それは、付き合いたくない男No.1して学校一の嫌われ者・入間晴斗に「ウソの告白」をして付き合うこと。

 

憂鬱な気持ちで始まった晴斗との交際ーーだけど嫌われ者の本当の性格や行動を間近で見るうちに、暗黒だった少女の学校生活は最高の青春へと変わっていくーーWEB掲示板発!

 

不器用な女の子と嫌われ者の男の子が紡ぐ最高で伝説のハッピーエンドラブコメ!

 

 

作品

タイトル 朝比奈若葉と〇〇な彼氏
発売日 2019年9月25日
出版社 KADOKAWA
レーベル MF文庫J
ページ数 264
著者 間孝志
イラスト 桃餅

 

 

登場人物

朝比奈 若葉(あさひな わかば)

ちょっと内気で不器用な女の子。

学校一の嫌われ者・入間晴斗にウソの告白をすることに。

 

入間 晴斗(いるま はると)

キモい、オタク、デブという学校一の嫌われ者。

若葉と付き合うことになり、舞い上がる。

 

七瀬 郁美(ななせ いくみ)

若葉のクラスの中心人物。

とある悪だくみを思いつく。

 

 

感想

久しぶりに狂気を感じましたね。

結構ワクワクしながら読んでいたのですが、ラストに持っていかれました。

という感じで次巻に続き、それで終わりという2巻しか出なささそうな作品です。(確証はないです)

 

嘘の告白という罰ゲームなどはよく耳にしますが(ラノベで)、だいたい絶対にダメな相手に対してするのが多いかと思うとなか、この作品のヒロイン、朝比奈さんは見た目が良く入学してから良く告白されていたほどの人。

 

そんな彼女からの告白に2次元好き男子が喜ばないわけがない!というくらいの喜び方してました(笑)

 

地獄だった朝比奈さんの学校生活が、さらに地獄に。日常生活にまで発展してしまったはずの嘘の告白。でもそれは逆であり、朝比奈さんにとっては天国のようなものに変わっていきます。

 

人は見かけによらないし、噂だけでは判断してはいけない!ということがこの物語からは理解できますね。ほとんど接点がない人のことを噂だけで判断して、関わらないから解り合えない世界が多いのかもですね。

 

はい、話が逸れましたがこの巻のラストは狂気を感じ、絶望を知らされ終わります。

 

この引きで冬まで待たされる身にもなれと言うんですよ全く。地獄から天国に行った人間が、見たいものしか見えなくなった人の物語の続き、気になります!

 

二巻の感想→『朝比奈若葉と〇〇な彼氏2

 

 

 


朝比奈若葉と○○な彼氏 (MF文庫J)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.