ライトノベル

『綾瀬さんは貢ぎたい!』【感想】

更新日:

ATM系美少女ヒロイン・綾瀬さんをはじめ、ヒロイン全員残念すぎる、こじらせ青春ラブコメディ! !
普通の美少女はいないのか! ? いません! !

 

 

 

 


綾瀬さんは貢ぎたい! (GA文庫)

 

 

あらすじ

高校生1年最初の日。新生活に胸を膨らませる俺は、可愛さの化身のような巨乳の同級生・綾瀬小雨から「あたしの想い(おかね)、受け取ってくださいっ」ーー百万円を渡された。

 

え。どういうこと?戸惑う俺に対して彼女は「同伴登校ですから」ーーと頬を染め、断っても、

「須々木さんに想いを受け取ってもらえないと、つらい……

ーーひたすら俺に貢ぎたがる。

残念なお金持ちって怖いのな!

 

さらには、美人な黒髪先輩の俺への独占欲が日ごとに増し、大人しいはずのうちの干物妹が、何故か夜這いをかけてきてーー!?

 

こじらせ少女が次々俺にウザ絡み!問題だらけの残念青春ラブコメディ!

 

作品

タイトル 綾瀬さんは貢ぎたい!
発売日 2019年10月12日
出版社 SBクリエイティブ
レーベル GA文庫
ページ数 269あとがき2
著者 空上タツタ
イラスト かとろく

 

登場人物

綾瀬 小雨(あやせ こさめ)

ミニマムボディに凶悪なおっぱいを搭載した美少女。

だが気をつけて欲しい。

『お金を払うのが愛情表現だ』という末期の廃課金者みたいな思考で、現金や小切手を押し付けてくる危険な課金魔だ。

 

倉刈 ちとせ(くらがり ちとせ)

スキンシップ過剰な、ひとつ年上のお姉さん。でも気をつけなければならない。

『結婚しましょう』とかうれしいこと言ってくれるが、交友関係まで管理しようというお病みになられた部分がある。

 

須々木 尋(すずき ひろ)

どこに出しても恥ずかしい『干物妹』。

「ひとりじゃ生きていけない」とかぬかしながら家事のほとんどを俺に任せるナメた奴だ。

明らかに俺を兄と思っていない……いろんな意味で。

 

佐野 由紀(さの ゆき)

俺の唯一の癒し。

追われつづける生活の中のセーフハウス。なに、お前男装だったんですか? じゃあもうお前でいいわ!

と思いきや、こいつにもドス黒い一面が見え隠れ。……業が深すぎる。

 

感想

主要キャラが主人公を入れて5……。濃い!

主人公の名前?分らんかった。

 

皆んなのキャラが濃かった。いやラノベってこんなものなのか、いや違う!最近のGA文庫の作品が濃いキャラが多いんだ。もしくは自分がそういうのに引き寄せられているのかもしれません。

 

金髪巨乳、黒髪巨乳、貧乳妹ともう1

やはりスタイルが良く脚も魅せてくれる倉刈ちとせがいいですね。性格は別として。

と言いだすと個性が強すぎるこの作品のキャラクターたちは皆んなが重いです。でもお金、いややめておこう。

 

三者三様でその内の2人は初対面から主人公のことを知っていましたが、こちらの話しはまた次巻ということで気になります。

過去に何があればここまで好かれるのか。綾瀬の貢ぎぐせは昔からなのか。

 

倉刈の独占欲はいつからなのか。

干物妹は自立できるのか。

今後が楽しみの作品です。

 

若干のネタバレしたかったのですが、作者の後書きで控えているのでこの程度で。

 

控えてるよね。ネタバレ。えっ、そうでもない?いやいや、あと1人は隠してるって……あっ。

 

 


綾瀬さんは貢ぎたい! (GA文庫)

-ライトノベル
-

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.