ライトノベル

落ちこぼれ天才竜医と白衣のヒナたち【読了】

更新日:

 

 

あらすじ

人間と竜――危うい共存関係を保つため、彼女らは竜と触れ合う。

突如として人間世界に現れた竜と呼ばれる生物。
彼らと共存するため、雛谷若虎は竜を治す医者【竜医】として類稀なる才能を発揮して活躍していた――竜災【ドラグハザード】が起こるその日まで。
史上最悪の医療ミスによって災害を引き起こしたとされ竜医界を追われ、事件から七年経った今でも災害跡地で孤独に暮らす。
そしてある日、若虎の前に竜医を目指す三人の少女が現れる。
彼女らの才能を見出し、若虎は竜医という存在に向き合いながら指導を始める……!
鉄を食べてお腹を壊したり、火竜の炎で火傷をしたり……。竜ならではの症状に戸惑うことばかり……?
前代未聞の竜×医療ファンタジー、ここに開幕!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 落ちこぼれ天才竜医と白衣のヒナたち
著者 林星悟
イラスト 肋兵器
発売日 2020年8月25日
レーベル MF文庫J
ページ数 324

 

感想

竜を治す医者【竜医】として才能を発揮して活躍していた主人公が竜災が起こり竜医界を追われて七年の月日が経った。孤独に暮らす主人公の元に竜医を目指す三人の少女が現れその先生として導いていく前代未聞の竜×医療ファンタジー。竜のお医者さんという想像できない話と、常に危険と隣り合わせで失敗の許されない現場の緊張感。世界中の竜と友達になりたい咲茉、一番年上で面倒見が良い明日羽、無口だけど知識量が人一倍ある霞との共同生活からそれぞれが抱える問題。欠点をどうやって解決していくのか?竜(患者)と向き合うのにはどうしたらいいのかと現場での適応力など凄く入り込めました。正直ダークホースな作品。竜×ロリ良かったです!

 

 

訳ありで指導者を探してかつて竜医者を追われた主人公に教わるロリ達の物語。好奇心だけでは足りず、知識だけでも足りない現場の臨場感。いざという時に頼りになる主人公から各々が足りない部分をチームで補う発想。仲間の大切さとあの日出来なかったことに対して今も考え続ける主人公がカッコ良く、元気で葛藤するロリ達が可愛かったです。

 

 


落ちこぼれ天才竜医と白衣のヒナたち【電子特典付き】 (MF文庫J)

 

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.