ライトノベル

落第騎士の英雄譚18【読了】

投稿日:

 

あらすじ

「貴方には誰も殺させないッ!!」“大炎”天童は討伐されたものの、いまだ首都東京は米軍の侵攻に対する防衛戦の只中にあった。日本側の主戦力“世界時計”新宮寺黒乃わもってしても対処しきれない米軍の圧倒的物量。だが土壇場での黒乃の決意と選択は過酷な運命を打ち破る契機となり、増援として駆け付けた一輝やステラ、刀華ら最精鋭の学生騎士たちは、状況を覆すべく戦場で刃を振るう。一方、かつて月影らが“解放軍”本拠地で遭遇した“超人”エイブラハムは“大教授”アイランズと共に不気味な策動を始めていて―!?世界の命運を決める最後の戦い、その始まりを告げる第18弾!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 落第騎士の英雄譚18
著者 海空りく
イラスト をん
発売日 2020年6月12日
レーベル GA文庫
ページ数 264

 

感想

最終エピソード突入。王馬が一輝と求めているものが正反対でリベンジに向かっての戦い。日本では黒乃が自分の運命を打ち破ったりと前巻に続き総力戦でした。敵の戦力が想像以上だったけど、一輝達も参戦し無事終結。鍵を握る《暴君》のところのには大物が集まっていて、それでも手に負えない相手がいるのだと思わされました。一輝と雫の共同技、そして一輝の小さい体だからこそのイベントも楽しめました。

 

 

最終エピソードだそうですね。《暴君》を巡る戦い。王馬がかつてのリベンジを果たし、そして日本では黒乃の覚醒。一輝達も参戦して一時は終息した戦争だけどステラが囚われました。ステラ救出までに一輝がどうやって元に戻るのか楽しみです。

 

 


落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>18 (GA文庫)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.