ライトノベル

隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた②【読了】

更新日:

一巻の感想→『隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた①

 

 

あらすじ

クラスの席替えで隣同士になった成戸悠己と鷹月唯李。「唯李が『隣の男子を惚れさせるゲーム』をしている」と勘違いした悠己は、唯李からのアタックを返り討ちにする日々を送っていた。そんなところに、一年前に唯李の隣の席だったクールな“女の子”花城凛央が現れた! なぜか凛央に敵意を向けられる悠己だったが、ひょんなことから凛央の「とある願い」を叶える協力することに! 一方、その様子を見た唯李は二人の関係を疑い始めて――。漫才のような掛け合いが面白いネット発ラブコメ、アクセル全開の第二弾!

Amazonから引用

 

作品

タイトル 隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた②
著者 荒三水
イラスト さばみぞれ
発売日 2020年6月30日
レーベル モンスター文庫
ページ数 336

 

感想

隣の席キラーに続いて隣の席ブレイカー登場。真っ直ぐ正義感が強いが故に孤独となってしまった凛央は既に唯李に落ちていた。相変わらずの唯李と女子らしからぬ口調が新鮮で、そこに嘘を見抜けないのに正論を言う凛央が混ざってややこしくなっていました。テンションが高すぎてキャラ迷走している感じの唯李の相手に悠己が軽くいなすという相変わらずの展開ですが、凛央がこれからのこの関係に変化をもたらす存在になるか楽しみです。

 

 

新キャラ隣の席ブレイカー登場。正義感が強くて孤独になってしまった凛央はすでに隣の席キラーに落ちていました。唯一の友達の反応に一喜一憂する凛央の変化、その怒りの矛先が悠己へと向けられたり向けられなかったりと新たなキャラが入ることで唯李のポンコツ力も上がっていました。

 

 

 


隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた : 2 (モンスター文庫)

-ライトノベル
-, ,

Copyright© SPARKLING Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.